スポンサードリンク

紫外線対策

日差しが強くなりますます紫外線が気になる時期になりましたね。

紫外線に当たると日焼けをするだけでなく、シワやシミ、そして皮膚がんなどを引き起こすこともあるので、日焼け止めなどで紫外線対策をしましょう。

ここで、簡単に紫外線の勉強

紫外線は、波長によってUV-A, UV-B, UV-Cに分かれます。

1番危険なUV-Cはオゾン層によって吸収されるので、地表に届くのはUV-AとUV-Bです。

UV-A
危険性は低いですが、肌の奥深くまで浸透して、肌の老化を促進し、しわやたるみの原因になります。


UV-B
急激な日焼けを起こします。

海や山などに行ったときに肌が赤くはれあがるのはこのUV-Bが原因です。

肌の表皮に影響をもたらし、しみやソバカスの原因、皮膚がんを引き起こす危険性もあります。

日焼け止めをしっかり塗って、紫外線から身を守りましょう。


ところで、日焼け止めのケースを見ると書いてあるSPFって、何のことだか知っていますか?

SPFとは

真夏の正午頃の直射日光の下では、日本人は平均して20分後に紫外線による影響で、肌が赤くなり始めると言われています。

この日焼けし始める時間を、どれくらい防ぐことが出来るのかを表したのがSPF値です。

例えば、SPF10の日焼け止め使えば、20分×10=200(約3時間)日焼けを防いでくれると言うことになります。


一般的に毎日の生活にはSPF15、炎天下でのスポーツにはSPF35〜50程度のものを使えばよいといわれています。

また、日焼け止めは汗で落ちてしまったり、ハンカチで拭き取ったりしてしまうことがあるので、2〜3時間に1回程度塗りなおすことも大切です。




posted by 健康管理士 賢一 at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。