スポンサードリンク

やってみないと分からない

先日、子供をつれて買い物をしてきました。

うちの子はまだ6ヶ月なので、ベビーカーを使っています。


ベビーカーを押しながら買い物をしたら、今まで見えなかったものが見えるようになりました。


それは、段差です。


普通に歩いているだけでは、気にもしない段差が行く手を阻みます。
タイヤがぶつかって前に進まないのです。

階段なんかはもう上り下りはできません。

もし、近くにスロープやエレベーターなどが無いと、分かってないな〜なんて思うこともしばしば。
(偉そうにすいませんバッド(下向き矢印)


でも、考えてみたらベビーカーを押すだけで、これだけ苦労するということは、車椅子に乗っている人はどれだけ大変な思いをしているのでしょうかがく〜(落胆した顔)

段差だけではなく、通路の狭さ、障害物など


いかに自分が、狭い視野で世界を見ていたかを知れた良い経験でした。


ブログランキング参加してます。
今日の順位は何位かな?
banner2.gif


posted by 健康管理士 賢一 at 07:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お子さんがいらっしゃったのですね?!
(ちょっと意外でした^^)
段差もそうですが、街には至る所に危険が溢れてますね。
それに人の公共マナーの悪さや身勝手な振る舞いが、危険を及ぼすこともあります。
子供を育てるには、人にやさしい環境がなによりですね。
Posted by mellow at 2008年08月19日 23:32
私もお子さんいらしたこと、オドロキました(^^)
6ヶ月、可愛いでしょう〜〜☆

段差は、実際の身になってみないとわからないですよね。
子どもが車椅子での体験をしたそうなのですが、そのときにいかにたいへんかを痛感したそうです。
Posted by anon at 2008年08月19日 23:59
mellowさんおはようございます。
そういえば、子供の話題は初めてかもしれません。内緒にしておけばよかったかな〜ファンが減ったかも(笑)
自分では大したこと無いと思っていることでも、人によってはとても迷惑なこと、危険をもたらすことがありますよね。
私も今まで以上に気をつけようと思います。

anonさんおはようございます。
あれっ、イメージ変わっちゃいましたか?良い方に変わっていればいいのですが(汗)
目に入れても痛くないと言う意味が分かりました。(実際入れると痛いですが)
車椅子の体験とてもいいですね。うちの子にもさせたいな〜
って、まだ歩いてもいないのに気が早いですね。
Posted by 健康ナビゲータ@ゲン at 2008年08月20日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。