スポンサードリンク

中毒

今、TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究という本を読んでいます。

この本は時間管理に関することだったのですが、考えさせられる1文があったので紹介します。


中毒とは何でしょうか?


ある心理学者が『中毒とは、短期的に利益をもたらし、長期的には破綻をもたらす習慣的行動』と定義したそうです。(321ページ 15行目より)

中毒と言えばアルコール中毒や麻薬中毒、タバコ中毒などが思いつきます。

確かに、アルコールや麻薬、タバコなどは、気持ちが良くなったり、ストレスが発散できたりと短期的な利益はあります。
(タバコと麻薬はやったことが無いので詳しくはわかりませんが)


しかし、習慣になってしまうと、いづれはガンなどの病気を引き起こし身体を壊したり、死に至ることもあるので、長期的には破綻をもたらすと言うのも分かります。

ここまでだったら、何もブログで紹介する必要もないです。


驚いたのは、その他の中毒として上げられていたものの中に、筋トレやジョギングが入っていたことです。

筋トレ中毒、ジョギング中毒??? と驚きましたが、その後の文章を読んで納得。



筋トレ中毒

筋トレをしてがっちりとした体つきになることは、ちょっとうれしいものです。
鏡を見てにやけたりわーい(嬉しい顔) 

これは短期的な利益です。


しかし、夫婦の時間や子供との時間などを削ってまでも、筋トレに夢中になってしまったらどうでしょうか?

夫婦関係、子供との関係は冷めてしまい、会話もなくなってしまう。

仕舞いには離婚なんてこともがく〜(落胆した顔)

長期的に見たら破綻ですね。


短期的な利益、長期的には破綻  中毒の定義に当てはまっています。


『ちなみに、家族よりも筋肉を大切にしている人には当てはまりません。』



ジョギング中毒

ジョギングをすると汗をかいた爽快感や心肺機能のアップなどがあります。(短期的な利益)

しかし、ジョギングに夢中になってしまい、膝を痛めてしまった。

でもジョギングは辞められない。

そして、膝壊してしまい歩けなくなってしまう。
(長期的に見れば破綻)

これも中毒の定義に当てはまります。

『ちなみに、歩けなくなるよりジョギングをして心肺機能を高めるほうが大切だと思っている人には当てはまりません。』



この中毒の話で言っていることは、価値観を明確にすることが重要ということです。

筋肉と家族、どっちが大切なのか?

心肺機能と歩けること、どっちが大切なのか?

家族と仕事、どっちが大切なのか?


どっちが大切なのか、正解はありません。

答えを決めるのは自分自身です。


もし、優先順位が明確でなかったり、他人に優先順位を決められていたりすると

中毒(短期的には利益だが、長期的には破滅)になってしまいます。


なんとなく分かっていただけましたでしょうか。

私の文章が下手なので、分かりにくかったかも知れませんが、本には分かりやすく書いてあります。


10回読む価値ありの一冊です。




ブログランキング参加してます。
ためになったよ〜と思ったらクリックをわーい(嬉しい顔)
banner2.gif


posted by 健康管理士 賢一 at 07:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。

筋トレ中毒、ジョギング中毒・・・、
こんな中毒があるんですね!
面白いです。


『ちなみに、家族よりも筋肉を大切にしている人には当てはまりません。』

それにしても、これには笑いました。

応援ぽちっ。
Posted by けんちゃん先生 at 2008年09月04日 19:27
今晩は。
おぉ、耳が痛い!
私は氷依存症なんですよね。
鉄分不足の一つの症状らしいです。
それに一時は、PC依存症かも?と思った時期もありました。(苦笑
Posted by mellow at 2008年09月04日 23:35
けんちゃん先生こんばんは。
この本を読んで中毒について考え方が変わりました。
家族より筋肉を大切にしている人っているのかな?

mellowさん。
鉄分不足だと氷が食べたくなるんですね。初めて知りました。  鉄分不足なのであれば、鉄分と一緒にビタミンCを取ると、鉄分の吸収率があがりますよ。
PC依存症は、私もちょっと当てはまるかも(汗)
Posted by 健康ナビゲータ@ゲン at 2008年09月05日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。