スポンサードリンク

ビオチン@

疲労回復


運動後に出来る乳酸を疲労回復物質に変えるにはビオチンが必要です。


運動をするために必要なエネルギーは、主に糖質(ブドウ糖)をピルビン酸⇒アセチルCoAと変化させ、クエン酸回路に入れることで作り出されます。

運動の負荷が増え、必要なエネルギーが増えると、一緒に作られるの乳酸の量も増えてきます。

特に、無酸素運動(短距離走や筋トレなど)になると、作られる乳酸が一気に増え、筋肉内に溜まり始めます。

以前、筋肉に溜まった乳酸は疲労の原因といわれていましたが、最近は疲労物質ではなく、疲労回復物質と言われるようになりました。

ビオチン.bmp


筋肉に溜まった乳酸は、血液に乗り肝臓に流れます。

肝臓に運ばれた乳酸は、ピルビン酸⇒オキサロ酢酸、そしていくつかの変化を経てグルコース(ブドウ糖)に変化します。

この乳酸から糖質(ブドウ糖)に変化させる作用を糖新生といいます。

溜まった乳酸が、糖新生により再びエネルギー源となるので、疲労回復につながります。

運動後のストレッチや疲れがたまっているときの軽い運動は、血流を増やし、肝臓に運ばれる乳酸の量が増え、糖新生が促進され、疲労回復になります。


ビオチンは、乳酸が変化してできたピルビン酸をオキサロ酢酸に変化させるときに必要となります。
posted by 健康管理士 賢一 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。