スポンサードリンク

βカロチン

紫外線から身体を守る


βカロチンは、ビタミンAが不足したときに、ビタミンAに変化し働きますが、他にも大切な働きがあります。

その働きは、紫外線から皮膚を守ることです。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織から作られ、さらに表皮は基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4つに分けられます。

皮膚.bmp


太陽光の中などに含まれる紫外線を浴びると、皮膚の細胞で酸素が一重項酸素という活性酸素に変化します。

一重項酸素は、シミ、ソバカス、そして皮膚のたるみやしわの原因になります。

βカロチン.bmp


発生した一重項酸素は、表皮の基底層の中にあるメラノサイトを活性化させ、メラニンの生産量を増やします。

このメラニンが沈着したものがシミ、ソバカスになります。

また、一重項酸素は、真皮の中に非常に多く含まれ肌の弾力を保っているコラーゲンも酸化させます。

一重項酸素により、コラーゲンが酸化されると、肌の弾力は失われ、たるみやしわが発生します。


βカロチンには、肌のトラブルを引き起こす一重項酸素を消去する力があります。
posted by 健康管理士 賢一 at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養素
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112728957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。