スポンサードリンク

ビタミンCB

ストレスから身を守る


ストレスから身を守るためにはビタミンCが必要です。

ストレスと一言に言っても様々な種類があります。

不安や緊張、人間関係によるもの、疲労や不眠によるもの、そして意外と知られていない気温の変化によるものも。


人間はストレスを受けると脳から副腎を活性させるホルモンを分泌します。


副腎とは腎臓の隣にあり、副腎皮質と副腎髄質からなります。

副腎皮質は、コルチゾールなどの副腎皮質ホルモンを分泌

副腎髄質は、アドレナリンなどの副腎髄質ホルモンを分泌します。

副腎皮質ホルモン、副腎髄質ホルモンが分泌されると、心拍数や血圧などが上がり、免疫系が活性化するため、ストレス対する抵抗力が上がります。

これらのホルモンを作り出すのに必要となるのがビタミンCです。

V4-4.bmp


副腎皮質ホルモンであるアドレナリンはドーパミンが変化して作られます。
そのドーパミンの材料となるのがチロシンです。

チロシンは、チーズやたらこなどに含まれているアミノ酸です。

チロシンからドーパミンを作るときに必要になるのがビタミンCです。


また、コルチゾールなどの副腎髄質ホルモンはコレステロールから合成され、そのときに必要となるのがビタミンCです。

V4-5.bmp
posted by 健康管理士 賢一 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養素
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113451435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。