スポンサードリンク

葉酸A

動脈硬化を防ぐ


動脈硬化の原因の1つホモシステインの血中濃度をあげないためには葉酸(ようさん)が必要です。

ホモシステインは、必須アミノ酸の1つメチオニンから作られます。
必須アミノ酸とは、体の中で作り出すことが出来ず、栄養分として摂取する必要のあるアミノ酸をいいます。

メチオニンの働きには、タンパク質を作り出す、血液中のコレステロールを血を下げる、タンパク質を作り出す、ヒスタミンの血中濃度を下げるなどがあります。
(ヒスタミンが過剰に分泌されると、アレルギー反応を引き起こす原因となります。)

また、メチオニンからはホモシステインが作られ、ホモシステインは解毒作用のあるシステイン、もしくはメチオニンに戻ります。

メチオニン.bmp


ホモシステインがメチオニンに戻る過程で必要となるのが葉酸です。

もし葉酸が不足し、メチオニンに戻れなかったホモシステインは血液中に流れ出します。

流れ出したホモシステインは、悪玉コレステロールと結びつき血管にこびりつき、動脈硬化を引き起こす原因となります。

posted by 健康管理士 賢一 at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。