スポンサードリンク

ナイアシンA

二日酔い防止


アルコールの分解、二日酔いの原因の一つアセトアルデヒドの分解にはナイアシンが必要となります。

お酒を飲むと、アルコールが胃や十二指腸、小腸などで吸収され、肝臓に運ばれます。


肝臓に入ったアルコールは、アルコール脱水酵素(ADH)により有害なアセトアルデヒドになります。

ナイアシン2.bmp


アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水酵素(ALDH)により酢酸に変えられ、無毒化されます。

そして酢酸は、炭酸ガスと水に分解され、汗や尿、呼吸により排泄されます。


アルコールの分解酵素であるアルコール脱水酵素(ADH)、アセトアルデヒド脱水酵素(ALDH)が働くために必要となるのがナイアシンです。

お酒の飲みすぎやナイアシンの摂取量が少ないと、アセトアルデヒドが体内に残り、頭痛や吐き気などの2日酔いの症状を引き起こします。

posted by 健康管理士 賢一 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養素
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。