スポンサードリンク

ゼロだけどゼロじゃない?

ダイエットや健康ブームということで、

ノンカロリーノンシュガーの飲み物が増えましたよね。


でも、『ノン』と書いてあっても、0(ゼロ)じゃないことがあります。


食品のカロリーや栄養成分などの表示方法は、

健康増進法という法律の第31条で決められています。


内容は、

カロリーは、100ml当たり0.5kcal未満であればノンカロリー

糖質は、100ml当たり0.5g未満であればノンシュガー

と表示してよい。  となっています。


ノンシュガーの飲み物、500mlのペットボトルであれば

2.5gの砂糖が入っている可能性が


ノンカロリーの飲み物、500mlのペットボトルであれば

2.5kcalのカロリーが入っている可能性があります。


なんとも、消費者にはとっては不親切な表示方法ですよね。


メーカーにとっては、ありがたいことなんでしょうが。
posted by 健康管理士 賢一 at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121846935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
オーネットとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。